スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
紅茶を飲みながらフォークとレモンを眺めてモバイル自転車を発想
2007 / 10 / 26 ( Fri )
これからの時代

自動車から自転車と公共交通機関の併用によるトランスポーテーションに変革していくことになるのだろうと、だれもが予測している。その糸口として個人が旅をするときにモバイル自転車を開発し電車とかバスに手荷物として持ち込めるような小型で軽量の自転車があるべきだと思うのは自然の成り行きである。

だが、これまでにいくつかの折りたたみ自転車を購入しては電車に持ち込んで試してみたが、どうしても他の乗客に迷惑を及ぼすようで積極的に利用する事はできなかった。

自転車は既に完成度の高い文化としての道具だと思っていたが、まだ、いろんな面で進化(運びやすさ・軽量化・荷重バランスなどの改善)させるべき要素があることに気が付いた。

ではどのように解決すればよいのかと思案の結果、ふと、目にとまったのが街で見かけるキックスケータがヒントになって、モバイルバイクを趣味として自作してみようということになった。
002.jpg
フォークとレモン6キックスケータにシートと駆動装置をつけたようなものにすればよいという単純な発想からはじまった。

考えてみれば前輪部分はハンドルとフォークそしてホイールで構成されている。
これと同様に横に寝かしたものをリアとして構成する。そしてシートチューブを立ててそれにサドルを取り付ければドライジーネになる。

この発想はフォークとレモンという模式図となりキックスケータから連想した基本になるスケルトンである。あとはキャスターアングルとトレール、前後の輪荷重バランスを考慮したディメンジョンの決定、そして力学的な安全性並びに特性のチェックをすれば製作することができる。

実際に作ってみました

自転車は外観を見るだけでその原理・構造が理解できる、大胆に解釈すれば、要のフレームにパーツをネジ止めしているだけの単純なものである。したがって多少の材料物性と力学的な知識があればチャレンジすることができそうだ。設備も道具も持たない素人ではあるが、インターネットの世界は考え方を公開するといろんな人たちが善意で協力してくれる世界、この恩恵によって完成した。

安価で完成度の高いフォークを作ってくれる台湾のお友達もできたし、アルミ合金パイプの雰囲気中での溶接加工、そして旋盤加工とか規格外の特殊なパイプを引き受けてくれるところの協力を得ることができるようになった。素人思考の成果は以下に掲載したものをご覧いただきたい。また、これまでの苦労話については「すぐレモンの制作記録」をご覧ください。

lemon12.jpg

女性用 トップチューブを低い位置に配置した「すぐレモン」をご覧ください。
早速小岩菖蒲園まで試し乗りをしてみました。設計では時速20から25キロメートルで走行することを目的にしたが、テストランは台風が通過した後の強い追い風、予想以上30キロメートルのスピードが出てしまう。

mikan3.jpg

男性用 トップチューブを高い位置に配置した構造、まだ、未完成の「ミカン」もご覧ください。
この自転車はライダーの体格と感覚をパラメータ化して設計するオンリーワンである。
乗り心地は梁と桁の固有振動数を最適化することによって快適な乗り心地を得ることができる。
フリーデザイン・フリースタイル・フリーサイズのパーソナルバイクに仕上げるつもりですです。

一段と部材を減らし改良を加えた18インチのホイールサイズも作ってみました
lemon18-2.jpgこのバイクは8キログラムと軽くて快適、現在のフレームは、チタンとアルミ素材を利用していますがステンレスとマグネシウムで製作してみたいと考えています。

片持梁という構造を取り入れ、フレームの単純化と軽量化、前後の輪荷重バランスを最適化することで登坂に対する負荷のバランスがよくなり楽になりました、これらを総合的に評価するとロードレーサーに負けないスピードも出せる性能です。

そのうちドロップハンドルにつけ変わっているかもしれません。ちょっとしたアイデアと考え方の視点を少し変えてみることで意外に大きな改善効果を見出しました。因みに非力な私でも時速30キロメートルで走行することができました。一度、最高速度の記録に挑戦してみたいと思ったりしています。

自転車は実際に乗ってみないとその良さはわかりません、衣服と同様、その人にぴったりの物が必要です、自転車もオンリーワンが必要なことがよくわかりました。当分この自転車で旅をする予定です。


電車に乗せるときは分割してカートにします
006.jpgローカル線に乗り、人の少ない自然環境の良いところ「村を訪ねて」、「スローフードの発見」をテーマに自転車と写真機を携えて旅を楽しんでいます。

ここに掲載したものは、一般公開ではないがインターネットを通じて公表しています、賢明な読者はこの先に何があるのか想像する楽しみがあると思う。
そうです、ささやかなテーマではあるが次世代自電車社会システムについての考え方を議論したいと思います、ともに語り合い実現することが楽しみでもあり、その結果が社会への貢献になれば望外の喜びになろうと思っています。

この楽しみは多くの人に伝えたい、「みんなで作ろう会」モバイル自転車と自電車マップのコミュニティーを。今後これらの企画・計画に発展させていきたいとおもいます、ご支援くださいますように。(Niko)
スポンサーサイト
18:32:09 | 未分類 | page top↑
ミカンが荒川サイクリングに
2007 / 10 / 30 ( Tue )
x24.jpgMister-X24 さん が「ミカン」で飛び入り参加、小径車のみなさんにインパクトを与えてきたようだ。
mikan.jpg
折り畳み自転車のクラブである BD サイクリングクラブとリカンベントのクラブであるリカンベントサイクリングクラブでは、毎月第三日曜日に荒川サイクリングロードを走る「月例 荒川サイクリング」を行っています。
IMG_4859-1.jpgIMG_4838-1[1]
JR 埼京線浮間舟渡駅の前の浮間公園から、下流へ向い、葛西臨海公園までの約 30 km ほどをゆっくり走る初心者でも安心して参加できるサイクリングです。折り畳み自転車とリカンントが多いですが、どのような自転車でも参加できます。BD サイクリングクラブ,リカンベントサイクリングクラブのメンバーではない方の参加も歓迎しています。

はじめて見たフルフェアリングのマンゴー

びっくりすることは、とにかくスピードが出ることです。
ちょっと広いところでの走行では簡単に時速 40 km を超えました。ちょっとペダルを踏めば時速 50 km を簡単に超える。
最速リカンベントは時速130km/hで疾走するそうです。
リカンベントは空気抵抗が少ないとかどうとか、もう超越していますね。
今日一番の人気でした。

Momoさんのリカンベント
IMG_4843-1[1]
デコリカというニックネームがついています、子供たちには大人気、ここに集まる人たちにも真似のできないすごさに感心しています。ミカンを見つけて不思議な自転車、どうやら市販車ではないときがつき、多くの人から質問攻めにあったそうです。

終点の葛西臨海公園では、再び質問と試し乗りでにぎわったそうです。ついでに「レモン18」の話題を提供したところ次回は是非「レモン」と「ミカン」の参加を要請された。

    
14:37:37 | 未分類 | page top↑
フリーデザイン・フリースタイル・フリーサイズ
2007 / 11 / 27 ( Tue )
x24.jpgMister-X24 さんに「ミカン12-65-70」を自電車の旅を目的につくりました。
mikan12-65-60.jpg

それはチタンフレームに12インチホイールを装着したコンパクトバイクです。
よく小径車の難点はクッションがよくないといはれスプリングとか油圧で制御する本格的なサスペンションとか簡便なエラストマーを利用したものがあります、いずれも重量が増加します、ならばフレームの素材と材質の特性を生かしたものがあってもよいとおもいます。

mikan-parts.jpg

自転車は衣服と同じように自分の固有サイズ合ったものが必要だ、サイズの合わないものは乗りこなせません、この自転車は高さ・長さ・クッションを好みに合わせて変えることができる、オートクチュールといえそうです。

内装8段変速機(シマノインター8)特別製66Tのフリーホイール、脚力に自信があればケーデンス70で時速35キロメートルで走行する事も可能、1300ミリメートルのロングホイールベース、セパラブルタイプの自電車旅行を目的としたバイク、サスペンションのレスポンスがよいので、ゆったりと長距離が走れてお尻が痛くなることがありません。

これらの自転車は基本構造をベースに自分にあつたスタイルとサイズのものを作ることができます。
mikan-momo.jpg
Momoさんが試しに乗ってみて、これはいける早速仲間に宣伝しなくってはと、このひとはMTBはじめROADそしてRECUMBENT何でもこいというお人。

脚力十二分の人だから軽く走れるバイクなどに興味がないと思っていたら、そんなことありませんトレーラーをひいて坂道を登るのは結構負担になります、軽いのが何よりです。
女性にとっては恵みのバイクですねと誉めてくれた。
IMG_4823-1.jpg
すぐレモン「ミカン」の試し乗りメタセコイアの林でも続く

暫くするとLongLegおじさんと相棒がやってきた、Starさんの友人で何度もおあいしているLongLegサンが、お茶を飲みながら

「今見ているペダルで自分の自転車が1台買える」

「チェーホイールで2台、クランクで1台」

「チタンのフレームなど全部合わせると20台は買えるんだぜ」

「すぐレモンミカン」の解説をしてくれる。
そんなに高価なものではありません、みんなで数をまとめてつくると安く作れるということを台湾の友人から聞いています。

IMG_4825-1.jpg乗ってみてもたいな、ハンドルがふらついて乗れるかな、と思案しながら試し乗り。

乗ってみれば、安定感はあるしスピードが出せる、自分も小径車を2台買ったがとても乗れるものでなかった。

「これが欲しい」

「売り出すのはいつか?」

「価格は幾らかとお尋ねになる。」

「????」

IMG_4826-1.jpg
分割して電車に乗せるのもよいし、このように立てかけておいておくのも良さそうだ。

「このまま乗って帰ってもいいかい」

「2台お買い上げー」の声が聞こえた。

「Starさんに聞いたけど、Alex Moulton を越えるのがあるそうだが、いつ見せてくれる」

「そのような大それたものではありませんが近日”レモン18”を、ご覧にいれまーす」

随分興味深く感じたようだ。

IMG_4822-1.jpg
メタセコイアの林に溶け込む一台の自転車

一段と完成度を高めて趣味の自転車をみなさんとともにオンリーワンをつくってみたい。

そして電車とかバスに乗せていろんなところに旅をしよう。

旅には、現在コラボレーションで製作中のPhotoMap(地図と写真ALBUM)の資料蒐集とか、スローフードを見つけたり旅先でできる新しい出会いを期待して。
steviro-1.jpg



一般的な体力のある男性の場合市販の自転車で十分間に合います、Mister-X24 さん も普段は特別変わった自転車に乗っているのではなく、ママチャリ感覚で古いロードバイクに手お加えたものを愛用しています。さらに、私が乗りこなせなかったPEUGEOTをたまに乗っています。この方からは数学とか力学・素材の物性などのレクチャーを受けました。

自電車旅行の時にはフルサイズのバイクを輪行袋に入れて運ぶのは大変だからと「ミカン」を活用しています。

これからの時代は公共交通機関と携帯自転車を組み合わせた自電車旅行が一般化すると考えられます。そのうちに「ミカン」が中心になるのではないかと思います。
16:19:44 | 未分類 | page top↑
レモンの愛用者
2007 / 11 / 27 ( Tue )

kisi_20071127172211.jpg
私とは正反対のスポーツ万能選手。フルマラソンにスキー、スケート、水泳が得意な種目、自転車はトレーニングに活用していたが、自転車の魅力にとりつかれ1日200キロメートルを走るスポーツウーマン。
レモンに乗り始めて1日230キロメートルに記録を更新したそうだ。
私より小柄なのにどこにパワーが秘められているのだろうか、訊けばトライアスロンもやるそうだ。

kisi-lemon.jpg

フロントフォーク新しく台湾のお友達に作ってもらいました。仲間のstarさんも刺激を受けて自分用を1台作るそうです。

star.jpg

「すぐレモン」とはよく言ったもんだ、クッションがよくこんなに乗り心地が良いとは想像しなかった、フレームを作ってもらってもう一台のモルトンの部品を移植してみようとのこと。
17:35:15 | 未分類 | page top↑
2008年正月
2009 / 12 / 31 ( Thu )
謹賀新年
今年最初の「すぐレモン」です。
レモン20-65-70
23:59:59 | レモン | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。